スーパーホワイト審査のなぞ

なんのトラブルもなくても、キャッシングやクレジットカードの審査にことごとく通らない、ということが時々あります。

今までキャッシングもしたことがなく、クレジットカードも持っていなくて、何のトラブルも起きるはずがないのに、なぜか審査に通らない!

これは、本人にとっては青天の霹靂です。

スーパーホワイトで審査落ち

いったい、なぜこんなことになってしまったのでしょうか?

実は「信用情報が存在しない」というのが原因なのです。

過去に一度も融資やキャッシングを利用したことがない人、クレジットカードを利用したことがない人、分割払いや一括払いのクレジット払いを利用したことがない人には、個人信用情報そのものが存在しません。

ブラックとかホワイトとかいう以前の問題です。

ブラックかホワイトか悩む女性
ところが、信用情報を紹介したキャッシング会社やクレジットカード会社は、そのことを好意的にはとってくれません。

ある年齢(各社差があるが30歳くらい)に達しても、個人信用情報が存在しないとなると、それは「キャッシングやクレジットカードを利用できない理由があった、金融トラブルがあったから。」と考えます。

そのせいで、なんのトラブルもなくても審査に通らない、スーパーホワイトというジレンマが生まれるのです。

スーパーホワイトは信用情報が存在しないことで、実質ブラックとして扱われているということです。

ホワイトでもこれは別!

また、まぎらわしいのですが、信用情報ホワイトというものがあります。

自己破産など債務整理をしたときなど、信用情報のトラブル履歴(ブラック)がその規定期間後にすべて削除された状態のことです。

信用情報のブラックが消えて、再びホワイトの状態であるということです。

スーパーホワイトになったらどうするの?

スーパーホワイトになってしまった時の対処方法は2種類です。

  • 自分が申し込んだキャッシング会社などに直接その旨を説明してわかってもらいます。中小のキャッシング会社などではある程度有効です。大手ではかなり難しいでしょう。電話で話を聞く金融会社男性
  • 家電量販店などへ行き、家電製品などを分割で購入するのが一般的です。その支払いが終るころには、個人信用情報に登録されているので、審査に通るはずです。ただし、これには半年くらい期間が必要です。
  • 家電いろいろ

スーパーホワイトで急いでキャッシングしたいとき、ひとりひとりに丁寧に対応してくれる中小キャッシングがおすすめです。

 

一括審査申込みページへ

 


一括審査キャッシングnavi

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ